そけい部長のメンエスナビ赤羽は、メンズエステなど男性向けリラクゼーション情報サイト

赤羽でメンズエステ情報なら【そけい部長のメンエスナビ】

赤羽のメンズエステ

そけい部長のメンエスナビ赤羽では、非風俗のメンズエステ・アロマエステを中心に男性向けリラクゼーションサロンを紹介しています。

東京 赤羽 メンズエステ 検索結果

【赤羽エリアのメンズエステの特徴】

東京北区にある赤羽は、埼玉に隣接するエリアであり、土地の性質上埼玉の人が「東京」を味わう場所として知られています。赤羽北部に行くと隅田川が流れ、京浜東北線の脇に野球場があります。赤羽駅周辺はスナックや立ち飲み屋など、ミドルエイジ向けのお店もありますが、子育てがしやすい街として人気を集めている赤羽はファミリー層からも支持を集めており、幅広い世代が行きかうのがこのエリアです。

赤羽を訪れる理由はさまざまですが、もし飲み歩きなどで疲労を覚えた時は、赤羽にあるメンズエステの利用をおすすめします。メンズエステの女性セラピストは、施術の時は体に密着するような服装になるため、ボディラインがはっきりと際立った状態になります。女性はメンズエステ店が選りすぐった美人ばかり。丁寧な研修によって学校を卒業したばかりの新人さんでも、なかなかマッサージスキルを披露してくれます。マッサージは仰向けとうつ伏せ状態のマッサージがあります。うつ伏せは疲れを優先的に取りたい人に、あお向けはセラピストの体や動きを見ながら視覚的に楽しみたい人にそれぞれおすすめできます。赤羽のメンズエステ店は完全個室になっていますから、余計な邪魔が入ることはなく二人の時間を楽しむことができます。

【リラックスメインで選ぶならワンルームマンションのメンズエステへ】

美容や癒し目的でのエステ利用者は男女問わず増加しており、エステサロンもそれに連れて増えています。中にはワンルームのマンションをメンズエステとして利用している所もあり、独自のメリットがあることから、赤羽エリアではテナントタイプだけでなくワンルームマンションタイプの店舗型メンズエステも人気です。

マンションタイプのメリットとして、共用ではないシャワー室があります。マッサージの前後に汚れやサービス中に使うオイルやパウダーをシャワーで洗い流せるメンズエステは増えていますが、テナントタイプの場合シャワールームがあっても仕切付きとはいえ共用がほとんどです。シャワーが付いているマンションタイプのサロンなら、一部屋ごとに風呂場が備え付けられているので、他人を気にせず汚れを落とすことが出来ます。

また、テナント型のメンズエステは、個室であっても他の部屋から音が漏れてくる事がたまにありますが、ワンルームのマンションなら他の部屋の音が聞こえてくる心配は殆どありません。自分とセラピストとの完全に一対一の空間なので、他人の存在に気を散らさず心からリラックスすることが可能です。マンションなら階段や通路の数も多いので他の利用客とすれ違うことすら少なく、他人と言う要素を極力排除して、セラピストとリラックスすることだけに専念することができるのがマンションタイプが人気の理由になっています。

【メンズエステ店でのコンセプトの違い】

メンズエステは都心部を中心に赤羽エリアでもたくさんのお店があります。それぞれのお店ではお店ごとの特色があったりコンセプトによってサービス内容も変わります。そのため、もしメンズエステを利用する時は自分が得たい癒しを提供してくれるコンセプトのお店を選ぶ事が大切になります。

メンズエステのコンセプトによるサービスの違いの1つ目は「マッサージ」です。マッサージはただ体を揉んだり押したりしているだけではなく、適切に体を刺激していくものです。リンパの流れを促進させて老廃物を体外に出させるためのマッサージや、血行の促進を促すためのマッサージだったり色々な種類があります。マッサージを売りにしているお店では色々な内容を選ぶこともできますが、ヒーリングに特化しているお店の場合はマッサージの種類は少なかったりします。その分、マッサージで使用する時に使うオイルの香りを選べたり、視覚や嗅覚、聴覚から癒しを与えてくれる工夫がなされていることが多いです。

メンズエステのコンセプトによるサービスの違いの2つ目は「セラピスト」です。マッサージを売りにしているお店では各マッサージの仕方や効果などについての研修が定期的に行われていたり、一定の基準を満たさないとお店に出れなかったりもするくらい徹底した技術レベルの維持を行っています。逆にヒーリングに特化しているお店では、もちろん一定の基準のマッサージを行えることは大前提ですが、それ以外でも接客マナーや言葉遣い、身だしなみなどがとても厳しくなっており、セラピスト自身からも癒しを与えられるような工夫が見られます。